連載小説 追憶の旅     「第5章  新たな出発」
                                 作:夢野 仲夫


 
登場人物とあらすじ
1章:美津子との再会(1〜314) 学生時代、大恋愛の末に別れた美津子の幻影から逃れられず、ずっとその幻影を追い続ける良(りょう)。その彼女に20年ぶりに出会う。一方、妻子ある良に心を寄せる部下の恵理彼女の親友の美紀。良を巡る3人の女性の愛憎を描く。

2章:千晴との出会い(315〜630) 大学を卒業してサラリーマンになった良が通う食堂で知り合った千晴。通りすがりの人が振り返るほどの美貌を備えた彼女。美津子との過去に縛られた良と千晴の想い出を織り交ぜながら、恵理と美紀との絡み合う愛

3章:良の苦悩(631〜) 20年前に別れた美津子との出会いが良の心を悩ませた。さらに千晴の化身のような美紀ひたむきに良を慕う恵理との間(はざま)を揺れ動く良。良をめぐる三人の女性の愛。

4章:別れのとき(865〜) 20年前に別れた美津子会うたびに湧きあがる拭い去れない不信感。やがてどうにもならない程彼の心の中で膨らむ。一方では恵理へ傾倒していく良。

5章:新たな出発
(1281〜) 良の周りに起こる目まぐるしいほどの様々な出来事。良の新たな出発とは?

「第5章  新たな出発」

  (本文)  フランス料理 ミノリ サヤマ
 新たな出発361 通算1641
 彼の強い視線を感じたのだろう、「リョウ君、どうしたの?」
不思議そうに彼女も彼を見つめた。その自然な色気に、良は戸惑いを感じた。
「君の会社の売り上げはどうなっている?」それを悟られぬように、彼は仕事の話を始めた。
夢のような世界から現実に引き戻された美紀は、幸せな表情が一気に曇った。
「弟が言ったように3割落ちています」。
「原因は何か、見当がつく?」

 新たな出発362 通算1642
 「会社の売り上げの大半は、実質的に父によるものでした。専務や営業が担当していても、その後ろに父がいるので、お客さんは安心があったのだと思います」。
確かに、売り上げの大半は社長個人による中小企業がほとんどである。売り上げを取っていそうな社員のようでも、実質的に社長の売り上げによる。その証拠に、その社員が辞めても、企業には何の影響もないのが実際である。

 新たな出発363 通算1643
 売り上げが2割下がれば危機的な状況であることは美紀も知っているはずだった。3割のダウンはもはや存続が長くないことを意味していた。
「急激に売り上げが落ちることは、何か大きな原因があるに違いない」−良には何か別の原因があるように思われてならなかった。
「売り上げだけが大きく下がっている?」
「利益も売り上げ以上に下がっています」。もちろん、固定経費は売上の上下でほとんど変わらない。そのため売り上げの減少が利益を蝕んでいることは容易に想像できた。

 新たな出発364 通算1644
「企業の上昇は鈍く、下降は鋭い」−企業運営のイロハである。美紀の会社は音を立てて崩れ落ちていっているのだろうか?顔に出すまいと意識していても、自然に曇っているのだろうか?
「リョウ君、ごめんなさい。アナタに無理なことをお願いして…。アナタの人生まで狂わせてしまうかもしれないのに…。」
美紀は最後のコーヒーを飲むことさえ忘れたように、ひたすら彼に頭を下げ続けた。

 新たな出発365 通算1645
 あの千晴との別れのときに感じた切なさが、まるで走馬灯のように蘇った。千晴とそっくりな美紀の姿が、脳裏に交差していた。
「今度こそ自分が身を捨てても美紀を救わなければ…」。
強い気持ちと得体のしれない不安が行き交っていた。それを美紀は敏感に感じ取っていたのだろう。彼女は自分の手を彼の手にすっと重ねた。まるで母親が子の安心を与えているかのように…。


        第1章 美津子との再会(BN)
 (0001〜) 偶然の再会「イタリア料理まちかど」
 (0021〜) 別れの日
 (0034〜) 家族の留守の夜
 0047〜) 初めての衝撃的な出会い
 (0053〜) キスを拒む美津子
 (0070〜) 恵里と美紀との食事 フランス料理「ビストロ シノザキ」
 (0091〜) 一人で思いに耽る良「和風居酒屋 参萬両」
 (0101〜) 良に甘える恵理「おでん 志乃」
 (0123〜) 恵理・美紀と良の心の故郷「和風居酒屋 参萬両」
 (0131〜) 恵理と食事の帰り路「おでん 志乃」
 (0141〜) 再び美津子と出会う「寿司屋 瀬戸」
 (0161〜) 恵理のお見合いの結末「焼き肉屋 赤のれん」
 (0181〜) 美津子と二十年ぶりの食事「割烹旅館 水無川(みながわ)」
 (0195〜) 美津子に貰ったネクタイの波紋「焼き鳥屋 鳥好(とりこう)」
 (0206〜) 美紀のマンションで、恵理と二人きりの夜
 (0236〜) 恵理と美津子の鉢合わせ「寿司屋 瀬戸」
 (0261〜) 美津子からの電話
 (0280〜) 深い悩みを打ち明ける美津子「レストラン ドリームブリッジ」
 (0296〜) 飲めない酒を浴びるように飲む「和風居酒屋 参萬両」
 (0301〜) 美紀のマンションで目覚めた良

         
 第2章 千晴との出会い(BN)
 (0316〜) 華やかなキャピー(佐藤千晴)との出会い「広松食堂」
 (0320〜) 千晴との初めてのデート
 (0329〜) 美しいゆえにに悩むキャピー
 (0351〜) 2回目のデート「蕎麦処 高野」
 (0371〜) 海が見える高台で…
 (0383〜) 手打ちうどんに喜ぶキャピー「手打ちうどん 玉の家」
 (0396〜) 過去に縛られる良への怒り
 (0410〜) ラブホテルでの絆
 (0431〜) 夜の初デート「和風居酒屋 参萬両」
 (0439〜) 良のアパートで…。
 (0471〜) 恵理・美紀と「手打ち蕎麦処 遠山」 
 (0481〜) 美紀のマンションで長い夢
 (0531〜) キャピーと初めての1泊旅行
 (0545〜) 2人で入った寿司屋に美津子が…「寿司 徳岡」
 (0556〜) 美紀と得意先に営業
 (0582〜) キャピーとの別れの真相
 (0611〜) 美紀が恵理に宣戦布告「イタリア料理 ローマ」

       第3章 良の苦悩(BN)
 (0631〜) 恵理の葛藤「おでん 志乃」
 (0651〜) 良の隠れ家へ美紀が…「会員制クラブ 志摩宮」
 (0671〜) マンションに誘う美紀
 (0686〜) 美津子から急な呼びだし
 (0701〜) 美津子の夫のアメリカ赴任「料亭 古都」
 (0731〜) 宣戦布告以来初めて3人で食事「豆腐料理 沢木」
 (0741〜) 馴染みのバー「クラブ 楓(かえで)」
 (0756〜) 人生の転換期の苦悩「ビストロ シノザキ」
 (0771〜) 美紀の弟正一郎との出会い「イタリア料理 ローマ」)
 (0806〜) 美津子と想い出の店で「和風居酒屋 参萬両」
 (0823〜) 美津子との復活
 (0856〜) フランス料理「右京」
 (0881〜) スナック「佳世(かよ)」
 (0891〜) 美紀と初めての夜
 (0916〜) 良の家庭崩壊「寿司屋 瀬戸」
 (0936〜) 美紀の苦悩

       第4章 別れのとき(BN)
 (0965〜) 親友花村部長と4人で「寿司屋 瀬戸」
 (0986〜) 恵理の葛藤
 (0996〜) レイクサイドホテル
 (1031〜) 美津子との距離
 (1046〜) 美紀のマンションで
 (1066〜) 恵理との小旅行
 (1083〜) 「日本料理 池田」
 (1094〜) 「恵理へのラブレター」
 (1111〜) 「恵理の初めての経験」
 (1176〜) 美津子の秘密「和風居酒屋 参萬両」
 (1196〜)  美紀への傾倒
 (1221〜)  最後のメール
 (1255〜) 江戸蕎麦「悠々庵」 *リンク間違いをまたまた

       
 第5章 新たな出発(BN)
 (1281〜) 恵理の引っ越し「おでん屋 志乃」
 (1306〜) 焼き鳥屋「地鶏屋」
 (1361〜) 恵理の新天地
 (1408〜) おでん屋 志乃
 (1451〜) 暗転
 (1498〜) 日本料理 山園
 (1531〜) おでん屋 三万両
 (1556〜) 美紀の窮地
 (1596〜) おでん屋 参萬両 
 (1625〜) 仏料理 ミノリ・サヤマ 

  第1章BN(0001〜0010)
                           トップページへ  追憶の旅トップへ