連載小説 追憶の旅     「第5章  新たな出発」
                                 作:夢野 仲夫


 
登場人物とあらすじ
1章:美津子との再会(1〜314) 学生時代、大恋愛の末に別れた美津子の幻影から逃れられず、ずっとその幻影を追い続ける良(りょう)。その彼女に20年ぶりに出会う。一方、妻子ある良に心を寄せる部下の恵理彼女の親友の美紀。良を巡る3人の女性の愛憎を描く。

2章:千晴との出会い(315〜630) 大学を卒業してサラリーマンになった良が通う食堂で知り合った千晴。通りすがりの人が振り返るほどの美貌を備えた彼女。美津子との過去に縛られた良と千晴の想い出を織り交ぜながら、恵理と美紀との絡み合う愛

3章:良の苦悩(631〜) 20年前に別れた美津子との出会いが良の心を悩ませた。さらに千晴の化身のような美紀ひたむきに良を慕う恵理との間(はざま)を揺れ動く良。良をめぐる三人の女性の愛。

5章:新たな出発
(1281〜) 良の周りに起こる目まぐるしいほどの様々な出来事。良の新たな出発とは?

「第5章  新たな出発」

   
(本文)  おでんや参萬両

 新たな出発331 通算1611
 このようなときにはあまり飲めない自分がイヤだった。あおり酒によって、少しは気分が晴れるものを…。気持ちだけでなく、体調も優れないのだろうか、いつもよりビールが苦く感じられた。味覚もまた変調をきたしているのかもしれなかった。好きな南蛮漬けが、喉につかえるようにも感じられた。いつもなら唾液が溢れ出るのに…。

 新たな出発332 通算1612
 「恵里……」思いがけず口から出た。それは彼自身無意識であった。彼女が傍にいたら、彼女は何というだろう?
「お願い、美紀を助けてあげて」と言うだろうか、それとも「自分の好きな道を選んで」というだろうか?
「自分の思い通り生きたい私の気持ちを最も良く知っている恵里…。40歳を過ぎた良い大人である自分が、人に頼ろうとしている…」

 新たな出発333 通算1613
 いつもなら気持ちが落ち着く店なのに、どこかいつもとは違う雰囲気があった。それは参萬両のせいでなく、自分自身の心のありようだと、彼自身も分かっていた。まるで思考停止でもしているかのような、どうどう巡りの思いであった。どう思いを巡らせて、簡単に結論など出るはずもなかった。しかし、それを頭の中から消すこともできなかった。

 新たな出発334 通算1614
 頑なに自分から去ろうとしている恵理。良自身の好きな生き方を、自由にさせたいと願う思いやりからの行動だった。
「自分はいま、本当は何をしたいのだろうか?」彼自身にもそれが分からなくなっていた。目の前にある現実−美紀の会社が傾いている。それを何とか食い止めるために、美紀の家族全員が彼の助けを求めている−

 新たな出発335 通算1615
 己の生きたいように生きる、その生きたいように生きるとは一体どういうことなのだろう。今の会社は「茶坊主」しか生き残れない企業風土が蔓延している。そんな企業からは抜け出したい、オサラバしたい良の置かれた立場から見れば、美紀の申し出は、いわば渡りに船であった。だが、何かが根本的に違っていた。

 新たな出発336 通算1616
 良自身の目指す方向は、多くのしがらみのないものであった。美紀の家族の願いを聞き入れることは、美紀の家族の生活だけでなく、美紀の会社で働いている人たちの生活までも背負うことになる。経営とは本来的にそういうものであるが、より大きなしがらみを背負うことになるのだ。それを思うと、心は揺れ動くばかりであった。

 新たな出発337 通算1617
 他のお客さんと話ながら、気になるのかママはときどき良の思いつめた表情を見ていた。やはり彼のことが気になるのであろう。目の前のお客さんと話しながら、気持ちの多くは良に向かっているようであった。時折思い出したように、良は出されたアジの南蛮漬けに箸をつけた。いつもは常に早い決断を下す良だが、こればかりは安易に決められなかった。

 新たな出発338 通算1618
 うつむき加減に物思いにふけっていると、コップにビールを注いでくれる人がいた。いつの間にかママが彼の前に立っていた。やはり気になって仕方がなかったのだろう。
「リョウ君…」「ン…」
しばらく沈黙が続いた。
「リョウ君…」「ン…」
ママの顔がまるで慈悲深い観音像と重なったように見えた。



        第1章 美津子との再会(BN)
 (0001〜) 偶然の再会「イタリア料理まちかど」
 (0021〜) 別れの日
 (0034〜) 家族の留守の夜
 0047〜) 初めての衝撃的な出会い
 (0053〜) キスを拒む美津子
 (0070〜) 恵里と美紀との食事 フランス料理「ビストロ シノザキ」
 (0091〜) 一人で思いに耽る良「和風居酒屋 参萬両」
 (0101〜) 良に甘える恵理「おでん 志乃」
 (0123〜) 恵理・美紀と良の心の故郷「和風居酒屋 参萬両」
 (0131〜) 恵理と食事の帰り路「おでん 志乃」
 (0141〜) 再び美津子と出会う「寿司屋 瀬戸」
 (0161〜) 恵理のお見合いの結末「焼き肉屋 赤のれん」
 (0181〜) 美津子と二十年ぶりの食事「割烹旅館 水無川(みながわ)」
 (0195〜) 美津子に貰ったネクタイの波紋「焼き鳥屋 鳥好(とりこう)」
 (0206〜) 美紀のマンションで、恵理と二人きりの夜
 (0236〜) 恵理と美津子の鉢合わせ「寿司屋 瀬戸」
 (0261〜) 美津子からの電話
 (0280〜) 深い悩みを打ち明ける美津子「レストラン ドリームブリッジ」
 (0296〜) 飲めない酒を浴びるように飲む「和風居酒屋 参萬両」
 (0301〜) 美紀のマンションで目覚めた良

         
 第2章 千晴との出会い(BN)
 (0316〜) 華やかなキャピー(佐藤千晴)との出会い「広松食堂」
 (0320〜) 千晴との初めてのデート
 (0329〜) 美しいゆえにに悩むキャピー
 (0351〜) 2回目のデート「蕎麦処 高野」
 (0371〜) 海が見える高台で…
 (0383〜) 手打ちうどんに喜ぶキャピー「手打ちうどん 玉の家」
 (0396〜) 過去に縛られる良への怒り
 (0410〜) ラブホテルでの絆
 (0431〜) 夜の初デート「和風居酒屋 参萬両」
 (0439〜) 良のアパートで…。
 (0471〜) 恵理・美紀と「手打ち蕎麦処 遠山」 
 (0481〜) 美紀のマンションで長い夢
 (0531〜) キャピーと初めての1泊旅行
 (0545〜) 2人で入った寿司屋に美津子が…「寿司 徳岡」
 (0556〜) 美紀と得意先に営業
 (0582〜) キャピーとの別れの真相
 (0611〜) 美紀が恵理に宣戦布告「イタリア料理 ローマ」

       第3章 良の苦悩(BN)
 (0631〜) 恵理の葛藤「おでん 志乃」
 (0651〜) 良の隠れ家へ美紀が…「会員制クラブ 志摩宮」
 (0671〜) マンションに誘う美紀
 (0686〜) 美津子から急な呼びだし
 (0701〜) 美津子の夫のアメリカ赴任「料亭 古都」
 (0731〜) 宣戦布告以来初めて3人で食事「豆腐料理 沢木」
 (0741〜) 馴染みのバー「クラブ 楓(かえで)」
 (0756〜) 人生の転換期の苦悩「ビストロ シノザキ」
 (0771〜) 美紀の弟正一郎との出会い「イタリア料理 ローマ」)
 (0806〜) 美津子と想い出の店で「和風居酒屋 参萬両」
 (0823〜) 美津子との復活
 (0856〜) フランス料理「右京」
 (0881〜) スナック「佳世(かよ)」
 (0891〜) 美紀と初めての夜
 (0916〜) 良の家庭崩壊「寿司屋 瀬戸」
 (0936〜) 美紀の苦悩

       第4章 別れのとき(BN)
 (0965〜) 親友花村部長と4人で「寿司屋 瀬戸」
 (0986〜) 恵理の葛藤
 (0996〜) レイクサイドホテル
 (1031〜) 美津子との距離
 (1046〜) 美紀のマンションで
 (1066〜) 恵理との小旅行
 (1083〜) 「日本料理 池田」
 (1094〜) 「恵理へのラブレター」
 (1111〜) 「恵理の初めての経験」
 (1176〜) 美津子の秘密「和風居酒屋 参萬両」
 (1196〜)  美紀への傾倒
 (1221〜)  最後のメール
 (1255〜) 江戸蕎麦「悠々庵」 *リンク間違いをまたまた

       
 第5章 新たな出発(BN)
 (1281〜) 恵理の引っ越し「おでん屋 志乃」
 (1306〜) 焼き鳥屋「地鶏屋」
 (1361〜) 恵理の新天地
 (1408〜) おでん屋 志乃
 (1451〜) 暗転
 (1498〜) 日本料理 山園
 (1531〜) おでん屋 三万両
 (1556〜) 美紀の窮地
 (1596〜) おでん屋 参萬両 

  第1章BN(0001〜0010)
                           トップページへ  追憶の旅トップへ