連載小説 追憶の旅     「第5章  新たな出発」
                                 作:夢野 仲夫


 
登場人物とあらすじ
1章:美津子との再会(1〜314) 学生時代、大恋愛の末に別れた美津子の幻影から逃れられず、ずっとその幻影を追い続ける良(りょう)。その彼女に20年ぶりに出会う。一方、妻子ある良に心を寄せる部下の恵理彼女の親友の美紀。良を巡る3人の女性の愛憎を描く。

2章:千晴との出会い(315〜630) 大学を卒業してサラリーマンになった良が通う食堂で知り合った千晴。通りすがりの人が振り返るほどの美貌を備えた彼女。美津子との過去に縛られた良と千晴の想い出を織り交ぜながら、恵理と美紀との絡み合う愛

3章:良の苦悩(631〜) 20年前に別れた美津子との出会いが良の心を悩ませた。さらに千晴の化身のような美紀ひたむきに良を慕う恵理との間(はざま)を揺れ動く良。良をめぐる三人の女性の愛。

5章:新たな出発
(1281〜) 良の周りに起こる目まぐるしいほどの様々な出来事。良の新たな出発とは?

「第5章  新たな出発」

   
(本文)  おでんや参萬両

 新たな出発341 通算1621
 まさにママの指摘通りであった。社長になることに迷いがあるのは否定できない事実であったが、彼は自分の思考の重要な要素を忘れていた。万一受けなかったときの、自分自身が許せなくなるほどの大きな後悔であった。それは彼自身が生きていくために、いわば指針でもあったのだ。人が困って自分の助けを求めているのに、何もしなかったことの後悔は、何にもまさるものであることを忘れていた。

 新たな出発342 通算1622
 「ママありがとう、決心がついたよ」。彼本来の明るさがその表情に戻った。ママは自分のことにように嬉しそうに表情をくずした。
「その顔がリョウ君よ。暗い顔は似合わない。」。
ホンのついさっきまでとは違った良がいた。ママの作ったアジの南蛮漬けはやはり絶品であった。
何年も作り続けることによってのみ可能なのだろうか、それともママの生まれつき持つっている味覚なのだろうか?そんなことを考えるほど心に余裕が生まれていた。

 新たな出発343 通算1623
 悩んでいる時、やはり原点に立ち戻り、最も重要な要素を再確認することが解決のポイントだったのだ。彼が美紀の提案を受けなかった時の、どうしようもない悔いを残すであろうことを忘れていたのだ。深い霧がかかっていた心の中に、その霧を追いやる一瞬の風が吹いたようであった。彼は早速美紀に連絡をとった。良からの電話に、美紀は不安げだった。
「君の会社の情報をもう少し知りたい」。

 新たな出発344 通算1624
 電話の向こうから、美紀の跳ね返るような明るい声が返った。
「嬉しい!リョウ君!」後は言葉を詰まらせてしまった。どうしようもない奈落の底に落ちて行くような状況の中で、煌めく灯りを見出したような気持ちになったのだろうか?
「美紀、私に何ができるか分からない。しかし、私のできる限りのことをやらしてもらう!」
電話の向こうからしゃくりあげるような声が聞こえた。

  (本文)  フランス料理 ミノリ サヤマ
 新たな出発345 通算1625
 美紀はじっとリョウを見つめていた。彼女の家で会ってから、それほど日にちは経っていないのに、何年も会っていないような錯覚に陥るような見つめ方であった。会社の部下であった美紀と今の美紀では明らかに違っていた。背負いきれない荷物で、押しつぶされそうな状況の中で、やっと一筋の光を見つけ出した気持ちになったのだろうか?それとも二人きりになった喜びがそうさせるのだろうか?



        第1章 美津子との再会(BN)
 (0001〜) 偶然の再会「イタリア料理まちかど」
 (0021〜) 別れの日
 (0034〜) 家族の留守の夜
 0047〜) 初めての衝撃的な出会い
 (0053〜) キスを拒む美津子
 (0070〜) 恵里と美紀との食事 フランス料理「ビストロ シノザキ」
 (0091〜) 一人で思いに耽る良「和風居酒屋 参萬両」
 (0101〜) 良に甘える恵理「おでん 志乃」
 (0123〜) 恵理・美紀と良の心の故郷「和風居酒屋 参萬両」
 (0131〜) 恵理と食事の帰り路「おでん 志乃」
 (0141〜) 再び美津子と出会う「寿司屋 瀬戸」
 (0161〜) 恵理のお見合いの結末「焼き肉屋 赤のれん」
 (0181〜) 美津子と二十年ぶりの食事「割烹旅館 水無川(みながわ)」
 (0195〜) 美津子に貰ったネクタイの波紋「焼き鳥屋 鳥好(とりこう)」
 (0206〜) 美紀のマンションで、恵理と二人きりの夜
 (0236〜) 恵理と美津子の鉢合わせ「寿司屋 瀬戸」
 (0261〜) 美津子からの電話
 (0280〜) 深い悩みを打ち明ける美津子「レストラン ドリームブリッジ」
 (0296〜) 飲めない酒を浴びるように飲む「和風居酒屋 参萬両」
 (0301〜) 美紀のマンションで目覚めた良

         
 第2章 千晴との出会い(BN)
 (0316〜) 華やかなキャピー(佐藤千晴)との出会い「広松食堂」
 (0320〜) 千晴との初めてのデート
 (0329〜) 美しいゆえにに悩むキャピー
 (0351〜) 2回目のデート「蕎麦処 高野」
 (0371〜) 海が見える高台で…
 (0383〜) 手打ちうどんに喜ぶキャピー「手打ちうどん 玉の家」
 (0396〜) 過去に縛られる良への怒り
 (0410〜) ラブホテルでの絆
 (0431〜) 夜の初デート「和風居酒屋 参萬両」
 (0439〜) 良のアパートで…。
 (0471〜) 恵理・美紀と「手打ち蕎麦処 遠山」 
 (0481〜) 美紀のマンションで長い夢
 (0531〜) キャピーと初めての1泊旅行
 (0545〜) 2人で入った寿司屋に美津子が…「寿司 徳岡」
 (0556〜) 美紀と得意先に営業
 (0582〜) キャピーとの別れの真相
 (0611〜) 美紀が恵理に宣戦布告「イタリア料理 ローマ」

       第3章 良の苦悩(BN)
 (0631〜) 恵理の葛藤「おでん 志乃」
 (0651〜) 良の隠れ家へ美紀が…「会員制クラブ 志摩宮」
 (0671〜) マンションに誘う美紀
 (0686〜) 美津子から急な呼びだし
 (0701〜) 美津子の夫のアメリカ赴任「料亭 古都」
 (0731〜) 宣戦布告以来初めて3人で食事「豆腐料理 沢木」
 (0741〜) 馴染みのバー「クラブ 楓(かえで)」
 (0756〜) 人生の転換期の苦悩「ビストロ シノザキ」
 (0771〜) 美紀の弟正一郎との出会い「イタリア料理 ローマ」)
 (0806〜) 美津子と想い出の店で「和風居酒屋 参萬両」
 (0823〜) 美津子との復活
 (0856〜) フランス料理「右京」
 (0881〜) スナック「佳世(かよ)」
 (0891〜) 美紀と初めての夜
 (0916〜) 良の家庭崩壊「寿司屋 瀬戸」
 (0936〜) 美紀の苦悩

       第4章 別れのとき(BN)
 (0965〜) 親友花村部長と4人で「寿司屋 瀬戸」
 (0986〜) 恵理の葛藤
 (0996〜) レイクサイドホテル
 (1031〜) 美津子との距離
 (1046〜) 美紀のマンションで
 (1066〜) 恵理との小旅行
 (1083〜) 「日本料理 池田」
 (1094〜) 「恵理へのラブレター」
 (1111〜) 「恵理の初めての経験」
 (1176〜) 美津子の秘密「和風居酒屋 参萬両」
 (1196〜)  美紀への傾倒
 (1221〜)  最後のメール
 (1255〜) 江戸蕎麦「悠々庵」 *リンク間違いをまたまた

       
 第5章 新たな出発(BN)
 (1281〜) 恵理の引っ越し「おでん屋 志乃」
 (1306〜) 焼き鳥屋「地鶏屋」
 (1361〜) 恵理の新天地
 (1408〜) おでん屋 志乃
 (1451〜) 暗転
 (1498〜) 日本料理 山園
 (1531〜) おでん屋 三万両
 (1556〜) 美紀の窮地
 (1596〜) おでん屋 参萬両 

  第1章BN(0001〜0010)
                           トップページへ  追憶の旅トップへ