連載小説 追憶の旅     「第5章  新たな出発」
                                 作:夢野 仲夫


 
登場人物とあらすじ
1章:美津子との再会(1〜314) 学生時代、大恋愛の末に別れた美津子の幻影から逃れられず、ずっとその幻影を追い続ける良(りょう)。その彼女に20年ぶりに出会う。一方、妻子ある良に心を寄せる部下の恵理彼女の親友の美紀。良を巡る3人の女性の愛憎を描く。

2章:千晴との出会い(315〜630) 大学を卒業してサラリーマンになった良が通う食堂で知り合った千晴。通りすがりの人が振り返るほどの美貌を備えた彼女。美津子との過去に縛られた良と千晴の想い出を織り交ぜながら、恵理と美紀との絡み合う愛

3章:良の苦悩(631〜) 20年前に別れた美津子との出会いが良の心を悩ませた。さらに千晴の化身のような美紀ひたむきに良を慕う恵理との間(はざま)を揺れ動く良。良をめぐる三人の女性の愛。

5章:新たな出発
(1281〜) 良の周りに起こる目まぐるしいほどの様々な出来事。良の新たな出発とは?

「第5章  新たな出発」

   
(本文)  美紀の窮地

 新たな出発311 通算1591
それまでずっと黙っていたショウ君が口を開いた。
「部長さん、ボクも会社経営については何も分かりません。しかし、会社がどうにもならないところまで来ているのは分かります。父が亡くなってから、上野専務が実質的社長をやってくれています。彼は父の時代から番頭的な役割でした。番頭としては優秀でも、社長には向いていないのではないかと感じています。」

 新たな出発312 通算1592
 「父の時代の売り上げから3割近くも落ちています。今更ながら父の営業力の大きさを実感しています。それに伴い、仕入値段も父の頃と比べて10%上昇しています。売り上げが縮小したから仕入れ値が上がるのは理解できますが、このままでは立ち行かなくなるのが目に見えています。」あの子ども、子どもしていたショウ君が、企業の現状を的確に把握していた。企業は2割売り上げが下がると危険水域である。3割のダウンは明らかに危険水域を遥かに越えていた。

 新たな出発313 通算1593
 良は答えられなかった。ただ、ショウ君の目を見つめたままであった。答えようがなかったのだ。危険水域を越えている会社を、立て直す自信などあるはずもなかった。実質的に経営を委ねられている上野専務にはその荷が重過ぎることは明らかだった。美紀の父を信じて付いてきただけの、典型的な小役人的なタイプであった。しかし、美紀の母親、美紀にその役割が果たせない今、彼に経営を任せざるを得ない状況だった。ましてや、大学生になったばかりのショウ君にはあり得ない。

 新たな出発314 通算1594
 良は黙るしかなかった。
 「美紀のために役に立ちたい」との思いは強い。しかし、自分には余りにも重過ぎる荷を背負うようだった。良の沈黙に、母親も美紀もショウ君も、彼を見つめているばかりだった。その凝視に「社長をやって欲しい!」との思いがヒシヒシと感じられた。
「少し考えさせてもらえませんか?」
「ありがとうございます。本当に助かります」。考える時間が欲しいと伝えたつもりだったが、母親は「社長を受ける」と受け取ったらしかった。

 新たな出発315 通算1595
 彼は慌てて否定した。
「引き受けるということではありません。私は期待に沿えるほどの実力も能力もありません。しかし、現状がどうなのかを、もう少し知りたいと思います。それによって何かアドバイスができるかもしれません。」−三人の輝いていた瞳の力がスーッと引いていったようだった。特に母親の落胆は大きかった。
「申し訳ありません」。彼らの期待に添えない自分自身の無力を謝るしかなかった。

    
 (本文) おでん屋 三万両 *1600で下のリンク修正

 新たな出発316 通算1596
 街のネオンがケバケバしく輝いていたが、良の心の中はどんより曇っていた。何をどうすればいいのか、彼自身がその方向性さえ見つけられずにいた。理恵との半別れ、美紀の会社の倒産の危機…。現在の会社を辞めて、理恵を迎えに行くことが、彼女の頑なな心を変えることができるかもしれない。しかし、美紀の会社で働くことが、理恵にはどう映るだろうか?むしろ彼女の心をさらに頑なにすることも考えられた。

 新たな出発317 通算1597
 いつの間にか霧雨が降っていた。しかし、彼にはそれが気にならなかった。行きかう人も、まるで何もないような素振りで歩いている。彼は参萬両の暖簾をくぐった。いつもと変わらぬ明るい元気なママの声が出迎えてくれた。
「良くん、何かあったの?」
彼の表情からすぐにママは何かを感じていたようだった。

 新たな出発318 通算1598
 余りにも重すぎる美紀の依頼に、良は決めかねていた。常に彼を見守ってくれていた美紀。その彼女の期待に沿いたいとは思いながらも、まったく自信はなかった。しかも、売り上げが3割近くも落ちているという。企業としては末期的症状であった。
ママの話しかけも、うつろに聞いていた。
「良君、どうしたの?」 今度ははっきりと聞こえた。



        第1章 美津子との再会(BN)
 (0001〜) 偶然の再会「イタリア料理まちかど」
 (0021〜) 別れの日
 (0034〜) 家族の留守の夜
 0047〜) 初めての衝撃的な出会い
 (0053〜) キスを拒む美津子
 (0070〜) 恵里と美紀との食事 フランス料理「ビストロ シノザキ」
 (0091〜) 一人で思いに耽る良「和風居酒屋 参萬両」
 (0101〜) 良に甘える恵理「おでん 志乃」
 (0123〜) 恵理・美紀と良の心の故郷「和風居酒屋 参萬両」
 (0131〜) 恵理と食事の帰り路「おでん 志乃」
 (0141〜) 再び美津子と出会う「寿司屋 瀬戸」
 (0161〜) 恵理のお見合いの結末「焼き肉屋 赤のれん」
 (0181〜) 美津子と二十年ぶりの食事「割烹旅館 水無川(みながわ)」
 (0195〜) 美津子に貰ったネクタイの波紋「焼き鳥屋 鳥好(とりこう)」
 (0206〜) 美紀のマンションで、恵理と二人きりの夜
 (0236〜) 恵理と美津子の鉢合わせ「寿司屋 瀬戸」
 (0261〜) 美津子からの電話
 (0280〜) 深い悩みを打ち明ける美津子「レストラン ドリームブリッジ」
 (0296〜) 飲めない酒を浴びるように飲む「和風居酒屋 参萬両」
 (0301〜) 美紀のマンションで目覚めた良

         
 第2章 千晴との出会い(BN)
 (0316〜) 華やかなキャピー(佐藤千晴)との出会い「広松食堂」
 (0320〜) 千晴との初めてのデート
 (0329〜) 美しいゆえにに悩むキャピー
 (0351〜) 2回目のデート「蕎麦処 高野」
 (0371〜) 海が見える高台で…
 (0383〜) 手打ちうどんに喜ぶキャピー「手打ちうどん 玉の家」
 (0396〜) 過去に縛られる良への怒り
 (0410〜) ラブホテルでの絆
 (0431〜) 夜の初デート「和風居酒屋 参萬両」
 (0439〜) 良のアパートで…。
 (0471〜) 恵理・美紀と「手打ち蕎麦処 遠山」 
 (0481〜) 美紀のマンションで長い夢
 (0531〜) キャピーと初めての1泊旅行
 (0545〜) 2人で入った寿司屋に美津子が…「寿司 徳岡」
 (0556〜) 美紀と得意先に営業
 (0582〜) キャピーとの別れの真相
 (0611〜) 美紀が恵理に宣戦布告「イタリア料理 ローマ」

       第3章 良の苦悩(BN)
 (0631〜) 恵理の葛藤「おでん 志乃」
 (0651〜) 良の隠れ家へ美紀が…「会員制クラブ 志摩宮」
 (0671〜) マンションに誘う美紀
 (0686〜) 美津子から急な呼びだし
 (0701〜) 美津子の夫のアメリカ赴任「料亭 古都」
 (0731〜) 宣戦布告以来初めて3人で食事「豆腐料理 沢木」
 (0741〜) 馴染みのバー「クラブ 楓(かえで)」
 (0756〜) 人生の転換期の苦悩「ビストロ シノザキ」
 (0771〜) 美紀の弟正一郎との出会い「イタリア料理 ローマ」)
 (0806〜) 美津子と想い出の店で「和風居酒屋 参萬両」
 (0823〜) 美津子との復活
 (0856〜) フランス料理「右京」
 (0881〜) スナック「佳世(かよ)」
 (0891〜) 美紀と初めての夜
 (0916〜) 良の家庭崩壊「寿司屋 瀬戸」
 (0936〜) 美紀の苦悩

       第4章 別れのとき(BN)
 (0965〜) 親友花村部長と4人で「寿司屋 瀬戸」
 (0986〜) 恵理の葛藤
 (0996〜) レイクサイドホテル
 (1031〜) 美津子との距離
 (1046〜) 美紀のマンションで
 (1066〜) 恵理との小旅行
 (1083〜) 「日本料理 池田」
 (1094〜) 「恵理へのラブレター」
 (1111〜) 「恵理の初めての経験」
 (1176〜) 美津子の秘密「和風居酒屋 参萬両」
 (1196〜)  美紀への傾倒
 (1221〜)  最後のメール
 (1255〜) 江戸蕎麦「悠々庵」 *リンク間違いをまたまた

       
 第5章 新たな出発(BN)
 (1281〜) 恵理の引っ越し「おでん屋 志乃」
 (1306〜) 焼き鳥屋「地鶏屋」
 (1361〜) 恵理の新天地
 (1408〜) おでん屋 志乃
 (1451〜) 暗転
 (1498〜) 日本料理 山園
 (1531〜) おでん屋 三万両
 (1556〜) 美紀の窮地
 (1596〜) おでん屋 三万両 

  第1章BN(0001〜0010)
                           トップページへ  追憶の旅トップへ