連載小説 追憶の旅     「第5章  新たな出発」
                                 作:夢野 仲夫


 
登場人物とあらすじ
1章:美津子との再会(1〜314) 学生時代、大恋愛の末に別れた美津子の幻影から逃れられず、ずっとその幻影を追い続ける良(りょう)。その彼女に20年ぶりに出会う。一方、妻子ある良に心を寄せる部下の恵理彼女の親友の美紀。良を巡る3人の女性の愛憎を描く。

2章:千晴との出会い(315〜630) 大学を卒業してサラリーマンになった良が通う食堂で知り合った千晴。通りすがりの人が振り返るほどの美貌を備えた彼女。美津子との過去に縛られた良と千晴の想い出を織り交ぜながら、恵理と美紀との絡み合う愛

3章:良の苦悩(631〜) 20年前に別れた美津子との出会いが良の心を悩ませた。さらに千晴の化身のような美紀ひたむきに良を慕う恵理との間(はざま)を揺れ動く良。良をめぐる三人の女性の愛。

5章:新たな出発
(1281〜) 良の周りに起こる目まぐるしいほどの様々な出来事。良の新たな出発とは?

「第5章  新たな出発」

   
(本文)  おでんや参萬両

 新たな出発321 通算1601
 「倒産するかもしれない会社の経営をお願いされている」。美紀の会社であることを言わなかった。ママは黙って彼を見つめていた。
 「会社経営などしたことがない…。会社の一部門を任されているに過ぎないだけなのに…。社長など…あり得ない…」。
良はポツリ、ポツリ話し始めた。

 新たな出発322 通算1602
 話しながら、良は少しずつ心の霧が晴れつつあるのを感じた。美紀の会社経営を受ける、受けないという決意とはまったく関係がなく、微妙な心のモヤモヤが解消されていくようだった。
それはママに甘えることによって生まれているようだった。振り返ればいつもそうだった。困ったことがあるたびに、ママに頼っている自分がいた。

 新たな出発323 通算1603
 ママは黙って聞いていた。良の言葉が途切れても、次の言葉が出るまでずっと待っていた。  
 「経営なんてあり得ない…。社長なんてあり得ない…」。まるで老人の繰言のように繰り返していた。
 「美紀をほっておくこともできないし…」
 「美紀って…?」初めてママが口を挟んだ。
 「今まで一緒にお店に来ていた子?」

 新たな出発324 通算1604
 黙って彼は頷いた。
「あの子は良君と同じ会社でしょ」。彼は今までの経緯を話した。まるで不幸な物語のように激しく移り変わった状況にママは驚いていた。美紀の父親の死によって、彼女を取り巻く状況は一変し、まさに天国から地獄へのようであった。
あてにならない母親に代わり、彼女が必死に会社を支えようとしているのだ。

 新たな出発325 通算1605
 しかし、会社経営のイロハさえ知らない彼女に、その役割が果たせるわけではない。上野専務は社長であった美紀の父親に、ひたすら付いていくだけだった。彼女の会社からは経営する人間が居なくなったので。そのため会社が傾いているのも当然と言えば当然の結果であった。美紀や上野専務と比べれば、自分の方が明らかに上であることは、良自身にも分かっていた。
それは美紀の家族の共通認識でもあった。

 新たな出発326 通算1606
 もう一人佐野常務もいたが、上野専務より7歳年下なのだからなのだろうか、常に上野専務に陰に隠れているようだった。誠実ではあるが、彼もまたトップ経営者としては荷が重いのを誰もが感じていた。美紀の会社を運営するには、誰もが帯に短し襷に長しであったのだ。美紀の会社の売り上げは30億円前後であることを良は知っていた。

 新たな出発327 通算1607
 良の会社とほぼ同じような商品を扱っている。しかし、良の会社が海外との取引を盛んに行う売り上げが5000億円を越す商社であるのに対し、美紀の会社は海外との取引がほとんどなく、名ばかりの商社で、その内実は卸問屋であった。また、良の担当だけでも40億円の売り上げで、美紀の会社の総売り上げを超えているはずだった。だから、素人目には良が社長になっても十分やっていけると考えられるようであった

 新たな出発328 通算1608
 「リョウ君…」ママの声に気づいて、ハッとした。いつも間にか自分の世界に入り込んでいたのだろう。
「リョウ君、何か食べたいものある?」彼女は慈しみに満ちた目で彼を見た。
「自分はどうすれば良いのか?」
良は自分を見失いそうで、どうすれば良いのか、まったく見当もつかなかった。
良が何も答えずにいると、ママは黙ってアジの南蛮漬けを彼の前に置いた。


        第1章 美津子との再会(BN)
 (0001〜) 偶然の再会「イタリア料理まちかど」
 (0021〜) 別れの日
 (0034〜) 家族の留守の夜
 0047〜) 初めての衝撃的な出会い
 (0053〜) キスを拒む美津子
 (0070〜) 恵里と美紀との食事 フランス料理「ビストロ シノザキ」
 (0091〜) 一人で思いに耽る良「和風居酒屋 参萬両」
 (0101〜) 良に甘える恵理「おでん 志乃」
 (0123〜) 恵理・美紀と良の心の故郷「和風居酒屋 参萬両」
 (0131〜) 恵理と食事の帰り路「おでん 志乃」
 (0141〜) 再び美津子と出会う「寿司屋 瀬戸」
 (0161〜) 恵理のお見合いの結末「焼き肉屋 赤のれん」
 (0181〜) 美津子と二十年ぶりの食事「割烹旅館 水無川(みながわ)」
 (0195〜) 美津子に貰ったネクタイの波紋「焼き鳥屋 鳥好(とりこう)」
 (0206〜) 美紀のマンションで、恵理と二人きりの夜
 (0236〜) 恵理と美津子の鉢合わせ「寿司屋 瀬戸」
 (0261〜) 美津子からの電話
 (0280〜) 深い悩みを打ち明ける美津子「レストラン ドリームブリッジ」
 (0296〜) 飲めない酒を浴びるように飲む「和風居酒屋 参萬両」
 (0301〜) 美紀のマンションで目覚めた良

         
 第2章 千晴との出会い(BN)
 (0316〜) 華やかなキャピー(佐藤千晴)との出会い「広松食堂」
 (0320〜) 千晴との初めてのデート
 (0329〜) 美しいゆえにに悩むキャピー
 (0351〜) 2回目のデート「蕎麦処 高野」
 (0371〜) 海が見える高台で…
 (0383〜) 手打ちうどんに喜ぶキャピー「手打ちうどん 玉の家」
 (0396〜) 過去に縛られる良への怒り
 (0410〜) ラブホテルでの絆
 (0431〜) 夜の初デート「和風居酒屋 参萬両」
 (0439〜) 良のアパートで…。
 (0471〜) 恵理・美紀と「手打ち蕎麦処 遠山」 
 (0481〜) 美紀のマンションで長い夢
 (0531〜) キャピーと初めての1泊旅行
 (0545〜) 2人で入った寿司屋に美津子が…「寿司 徳岡」
 (0556〜) 美紀と得意先に営業
 (0582〜) キャピーとの別れの真相
 (0611〜) 美紀が恵理に宣戦布告「イタリア料理 ローマ」

       第3章 良の苦悩(BN)
 (0631〜) 恵理の葛藤「おでん 志乃」
 (0651〜) 良の隠れ家へ美紀が…「会員制クラブ 志摩宮」
 (0671〜) マンションに誘う美紀
 (0686〜) 美津子から急な呼びだし
 (0701〜) 美津子の夫のアメリカ赴任「料亭 古都」
 (0731〜) 宣戦布告以来初めて3人で食事「豆腐料理 沢木」
 (0741〜) 馴染みのバー「クラブ 楓(かえで)」
 (0756〜) 人生の転換期の苦悩「ビストロ シノザキ」
 (0771〜) 美紀の弟正一郎との出会い「イタリア料理 ローマ」)
 (0806〜) 美津子と想い出の店で「和風居酒屋 参萬両」
 (0823〜) 美津子との復活
 (0856〜) フランス料理「右京」
 (0881〜) スナック「佳世(かよ)」
 (0891〜) 美紀と初めての夜
 (0916〜) 良の家庭崩壊「寿司屋 瀬戸」
 (0936〜) 美紀の苦悩

       第4章 別れのとき(BN)
 (0965〜) 親友花村部長と4人で「寿司屋 瀬戸」
 (0986〜) 恵理の葛藤
 (0996〜) レイクサイドホテル
 (1031〜) 美津子との距離
 (1046〜) 美紀のマンションで
 (1066〜) 恵理との小旅行
 (1083〜) 「日本料理 池田」
 (1094〜) 「恵理へのラブレター」
 (1111〜) 「恵理の初めての経験」
 (1176〜) 美津子の秘密「和風居酒屋 参萬両」
 (1196〜)  美紀への傾倒
 (1221〜)  最後のメール
 (1255〜) 江戸蕎麦「悠々庵」 *リンク間違いをまたまた

       
 第5章 新たな出発(BN)
 (1281〜) 恵理の引っ越し「おでん屋 志乃」
 (1306〜) 焼き鳥屋「地鶏屋」
 (1361〜) 恵理の新天地
 (1408〜) おでん屋 志乃
 (1451〜) 暗転
 (1498〜) 日本料理 山園
 (1531〜) おでん屋 三万両
 (1556〜) 美紀の窮地
 (1596〜) おでん屋 参萬両 

  第1章BN(0001〜0010)
                           トップページへ  追憶の旅トップへ