温泉評論その32「満天の湯」  

  世の中には私の想像をはるかに超える人たちがいる。それもやっと探し求めて見つけたのではなく、単にリラックスを求めて入った温泉で出会ったのである。

 その温泉はスーパーの一角にあり、近代的な建物、設備になっている。そのため一般客は950円と高めの値段設定。会員になれば200円引きの750円になる。私は一般客なので950円だった。200円の差は大きくてそのショックに泣き崩れそうなったが、大人(たいじん)である私は動揺のそぶりなど決して見せるものではない。

 さて、温泉に入って露天風呂でまったりしていると、常連客らしい人たちがうるさげに、もとい、楽しそうに話している。さりげなく聞いていたが、そのジジイたち、もとい、かつてのイケメンたちの会話に聞き耳を立てずにはいられなかった。

 曰く、「ワシの孫は先日の市内のマラソン大会で上位になった」。「中学生のマラソン大会かのう?」「おう、それそれ。小さい頃から足が速くて期待しとったんじゃ。」「高校に入ったらそうとう期待できそうか?」「ようわからんが、ワシは期待できると思うとる。いずれオリンピックでも出てくれたら良いがと期待をしとるんよ」。

 将来のオリンピックの選手を孫に持つお方と、裸の付き合いができるとは想像もしなかった。この温泉にきて大正解であった。そのジジイ、もとい、そのお方の尊顔は確かにどこか違うようにも感じる。

 「実はワシの孫もテニスで頑張っとる。」「そうらしいのう、聞いたことがある。」「市の大会で団体で入賞したと言うとった。」「そりゃー将来が楽しみじゃのう。」「中学の先生がスジがええと言うてくれとるらしい。」

 一人だけならまだしも、二人のかつてのイケメンとも将来期待される大選手の祖父だったとは!こういう奇遇があるだろうか?私は二人に悟られぬように頬をつねった。湯あたりで頭がぼーっとして夢うつつの境目がなくなってしまったのかと感じたからだ。

 しかし、これは夢ではなく現実であった。この温泉は素晴らしい孫を持つ祖父たちの集う場所だったのではないだろうか?確か以前来た時には「あんたのところの孫はできがええ」と勉強ができる孫を持つ祖父が来ていたような?

 いや、原因と結果が逆になっているのではないか?この温泉につかれば美肌効果だけでなく、孫が勉強だけでなく、スポーツにおいても大飛躍ができる効能があるのではないか?久しぶりに温泉評論を書く気持ちにさせたのも「満天の湯」の想像を絶する効果だからだろう。

 温泉によっては温度が42℃を超えるところもある。消毒技術が進んでいなかった時代には、殺菌のために42℃以上でなければならなかった。今でもそれを引きづっている温泉もある。「満天の湯」は40℃前後の身体に優しい温度設定になっている。

 この洗練された新しい温泉の効果は、それに入る人だけでなく、その孫までも素晴らしい知能、体力を育むのかもしれない。知らんけどな?

住所:広島県広島市安佐北区可部7丁目4−13
泉質:ラドンを含む温泉
効能:美肌 疲労回復
施設:露天風呂(ヒノキ風呂、岩風呂)、ジャグジー、主浴槽、打たせ湯、
   ジェット浴槽、冷水浴槽、高温サウナ、塩サウナ、足湯


カウンタ